トップページルアー製作サクラマス釣り鮎ルアーで友釣りアクセサリーアウトドアオトリ屋


サクラマスルアー  Kozoミノー  2016~
                                    Kozoミノーの歴史は  こちら

Kozoミノーは「究極の下方重心」ルアーで、流れでのアクションは激しくても、表層へ飛び出すことが無く、
遠投能力も兼ね備えた固定重心ルアーです。

 

Kozoミノー 100S(スローシンキング)

2017年現在、100sをメインに使用しています。
スローシンキングタイプで中層を探るのに適しています。流れに強く、流れがあるほどアクションは激しい、しかし水面からは飛び出しません。
遠投可能で、早引きで表層、ゆっくり引けばそこ近くを攻めれるので、万能ルアー。
弱点は流れが無いとアクションは弱く、逆流では泳ぎません。
 
 

Kozoミノー 115F(フローティング)

フック装着後にギリギリ浮く設定。
表層を探りたいとき、流れが弱いとき、流れが巻いているときに使用します。ロングボディででアクションも強くアピール度が高く目立つ。

弱点は、100sよりは飛びにくく、風の抵抗も受ける。
 
 

Kozoミノー 85S

100mmや115mmのロングルアーで、マスがスレたときに使用する85mmのスローシンキング。
私はこのタイプで掛けたことが無く推奨していないが、限定ユーザーからは、これが一番のお気に入りでポテンシャルがあります。
 
 

2016年はKozoミノーにも当たり年

2016年は福井エリアもサクラマス豊漁でしたが、Kozoルアーで次々とヒットを重ねました。100mmや115mmルアーの特長を生かし攻めれば、ほとんどのエリアをカバーできることが確認できました。
 
 番外編 ミノー以外でも・・・  
 

ジョイント-バイブレーション

究極の遠投や、究極の川底狙い用として、バイブレーションを製作しています。アクションが単調にならない様にジョイントタイプも製作。
現在ホームの足羽川は小河川で深みも少なく、根掛りが厳しいので使用はしていません。
 
ルアー製作へ戻る